• NOVEL #1

    昔は財布も入らないような小さなバッグが好きだった。でも、今は、財布も携帯もポーチも入る、大きなバッグを愛用している。ちなみに財布は、カード類がたっぷり収納できる大容量タイプだ。

    「若い時は、ハイブランドのものばっかり、使ってたのにね」
    目の前で夫が、マグカップを片手に頬杖をついた。コバルトブルーのカップの中には、淹れたてのコーヒーがなみなみと入っている。
    「財布をねだられたときは焦ったよ。これからが大変だぞ、って」
    夫が一人で、うんうんと頷く。
    またか、と私は苦笑いした。
    「付き合って初めての、クリスマスだったなぁ」
    思い出に浸る夫を横目に、私は窓の外を見た。
    すぐそばを、トレンチコートを着た若い女の子が、足早に通り過ぎて行く。風が吹いて、コートの裾が大きくひるがえった。
    ちょうど今みたいに、風が強くなってきて、寒さが少しづつ増してきた頃、私たちは付き合い始めた。たしか、大学2年生の秋だったと思う。
    私は女子高育ちのお嬢様。夫は仕送りなしの一人暮らし。
    お金なんか全然無かったのだけれど、彼はパチンコ屋のアルバイトを増やして、何万もする財布を買ってくれた。
    でも、残念なことに、私にはその「すごさ」というか、価値が分からなかった。アルバイトすらしたことがなかったのだから、当たり前と言えば、当たり前だ。
    『ありがとう』の一言で済ました私に、夫は少し黙ってから笑った。それがまずかったと分かったのは、随分あとになってからだ。
    今思えば、分からなかったというより、私たちのあいだでお金とか、物についての考え方が違っていたのだけなのだけれど(いわゆる価値観のズレというやつ)、夫はそのことを未だに根に持っているらしい。
    20年近く前の話なんだから、もうそろそろ忘れてくれてもいいと思う。
    「でも、今は仕事もしてるし、ハイブランドも買ってない…私も変わったよねぇ」
    頬に手を当てて、可愛らしく小首をかしげてみる。
    それを見て、夫は勢いよくコーヒーをすすった。
    「ちょっと」
    ツッコミを入れてから、私も自分の分をすすった。
    豆の香ばしい香りを楽しみながら、我が家のクローゼットの中に思いをはせる。
    昔よく使っていたブランドのバッグや財布は、どこに行ったのか。まったく見当がつかない。

    「最近、気が付いたんだけど、私、あんまりブランドものって、興味なかったみたい」
    「え?」
    「周りが持ってるから私も、って感じ?」
    「えー…」
    絶句した夫に、ざまあみろと心の中で笑ってやった。何がざまあみろなのか、自分で自分にツッコミを入れる。
    最近になって気付いたことが、もう一つ。私は人にも自分にも、ツッコむことが好きらしい。昔は、自分はボケ役だと思っていたのに。
    人は変わるというけれど、持ち物だって変わる。バッグでも財布でも、今は使いやすさが一番だ
    それでいいじゃない、と私は心の中で笑った。
  • Journal

    我々の研究成果及び開発レポート