Leather

彼らの文化と歴史、哲学が詰まった素材、受け継がれたレシピ。




プエブロ

古典的な植物タンニン鞣しの製法の中でも、最も古い「バケッタ製法」を元に作られています。プエブロとはイタリア語でプエブロインディアンの集落を表し、これはタンナーが手作業で吟面(おもての面)を優しく擦り細やかな文様をつけていることにより、民族的な表情を表現しています。そのため吟面が多く残り、しっかりと味が出るため、通常の吟擦りでは味わえない経年変化を楽しむことができます。鞣す際に通常では使用しない牛脂をたっぷりとしみ込ませています。牛脂はコスト面や効率面から考えても省かれてきたものですが、「牛には牛の油が一番相性がいい」という考えのもと、非効率を惜しまず使用されています。このオイルがエイジングの際に革へゆっくりとしみ込み、時間をかけて素材の良さを引き出してくれます。

染色には染料仕上げを施し、牛革の自然で素朴な表面感を保たせています。薄化粧ゆえ、革の表面の小傷やしわ等が隠れにくく、デリケートなため爪傷などもつき易いといった欠点はあるものの、使い続けることで表面に艶感が増し、色味も濃くなってくことで傷や汚れは次第に目立たなくなります。

持つ人ひとりひとりが違ったエイジングをお楽しみいただける唯一無二のイタリアンレザーです。

製品使用:鞄、財布アウター、小物類
Conceria:CARLO BADALASSI

camel
brown
black
beige



プエブロBOX

「プエブロ」の吟面(おもての面)にシボを出すしわ加工を施した牛革です。革質によりシボの入り具合が異なりますので、同じ革でもシボが強く出る面と比較的少ない面があります。そのため同じ製品でもシボの入り具合が全く異なるので、ひとつとして同じものはない特別感の味わえるアイテムです。また、シボの入り具合で経年変化もそれぞれに大きく変わりますので唯一無二のエイジングをお楽しみいただけるのも大きな特徴。プエブロへのBOX加工はDove & Oliveのオリジナルイタリアレザーです。
※鞣し工程や染料仕上げはプエブロと同じです。

使用製品:鞄、財布アウター、小物類
Conceria:CARLO BADALASSI

camel
brown
black
beige



リスシオ

古典的な植物タンニン鞣しの製法の中でも、最も古い「バケッタ製法」を元に作られています。 リスシオとはイタリア語でツルツル、滑らかといった意味があり、その名の通り吟面(おもての面)の表情にはタンニンなめし革特有の温かみと透明感を感じさせてくれるスムース仕上げになっています。使い込むほどに艶が増し、イタリアならではのナチュラル感溢れる色だしをお楽しみいただけます。鞣す際には通常では使用しない牛脂をたっぷりとしみ込ませています。牛脂はコスト面や効率面から考えても省かれてきたものですが、「牛には牛の油が一番相性がいい」との考えのもと、非効率を惜しまず使用されています。このオイルがエイジングの際に革へゆっくりとしみ込み、時間をかけて素材の良さを引き出してくれます。

染色には染料仕上げを施し、牛革の自然で素朴な表面感を保たせています。薄化粧ゆえ、革の表面の小傷やしわ等が隠れにくく、デリケートなため爪傷などもつき易いといった欠点はあるものの、使い続けることで表面に艶感が増し、色味も濃くなってくことで傷や汚れは次第に目立たなくなります。 持つ人それぞれに違ったエイジングをお楽しみいただける唯一無二のイタリアンレザーです。

使用製品:財布類インナー
Conceria:CARLO BADALASSI

camel
brown
black
beige



ミラージュ

タンニン鞣しと染料仕上げ(裏処理済み)で繊維の最も緻密な部分(ダブルバッツ)のみを贅沢に使用した牛革です。植物性のタンニンを鞣し剤として使用しているため、クローム鞣しの革に比べると暖かみがあり、また公害面でも問題の少ない、最も古典的な製法で作られた革です。ミラージュ独特の艶感は、カゼイン仕上げによるものです。

厚みがあり、かつ繊維密度が高い厳選された原皮のみを使用して作られています。ただ厚い革というわけではなく、重厚感があり、繊維密度が高いため長く使い込んでもへこたれない、そしてしなやかさを併せ持つのが特徴のイタリアンレザーです。

使用製品:ベルト、バザールバッグのハンドル

camel
brown
black



ヌメ革(国産レザー)

古典的な植物タンニン鞣しの製法の中でも、最も古い「バケッタ製法」を元に作られています。プエブロとはイタリア語でプエブロインディアンの集落を表し、これはタンナーが手作業で吟面(おもての面)を優しく擦り細やかな文様をつけていることにより、民族的な表情を表現しています。そのため吟面が多く残り、しっかりと味が出るため、通常の吟擦りでは味わえない経年変化を楽しむことができます。鞣す際に通常では使用しない牛脂をたっぷりとしみ込ませています。牛脂はコスト面や効率面から考えても省かれてきたものですが、「牛には牛の油が一番相性がいい」という考えのもと、非効率を惜しまず使用されています。このオイルがエイジングの際に革へゆっくりとしみ込み、時間をかけて素材の良さを引き出してくれます。

染色には染料仕上げを施し、牛革の自然で素朴な表面感を保たせています。薄化粧ゆえ、革の表面の小傷やしわ等が隠れにくく、デリケートなため爪傷などもつき易いといった欠点はあるものの、使い続けることで表面に艶感が増し、色味も濃くなってくことで傷や汚れは次第に目立たなくなります。

持つ人ひとりひとりが違ったエイジングをお楽しみいただける唯一無二のイタリアンレザーです。

製品使用:鞄、財布アウター、小物類
Conceria:CARLO BADALASSI

beige

shop list

Top