プエブロ

 古典的な植物タンニン鞣しの製法の中でも、最も古い「バケッタ製法」を元に作られています。
プエブロとはイタリア語でプエブロインディアンの集落を表し、これはタンナーが手作業で吟面(おもての面)を優しく擦り細やかな文様をつけていることにより、民族的な表情を表現しています。
そのため吟面が多く残り、しっかりと味が出るため、通常の吟擦りでは味わえない経年変化を楽しむことができます。

 鞣す際に通常では使用しない牛脂をたっぷりとしみ込ませています。牛脂はコスト面や効率面から考えても省かれてきたものですが、「牛には牛の油が一番相性がいい」という考えのもと、非効率を惜しまず使用されています。このオイルがエイジングの際に革へゆっくりとしみ込み、時間をかけて素材の良さを引き出してくれます。

 染色には染料仕上げを施し、牛革の自然で素朴な表面感を保たせています。薄化粧ゆえ、革の表面の小傷やしわ等が隠れにくく、デリケートなため爪傷などもつき易いといった欠点はあるものの、使い続けることで表面に艶感が増し、色味も濃くなってくことで傷や汚れは次第に目立たなくなります。

持つ人ひとりひとりが違ったエイジングをお楽しみいただける唯一無二のイタリアンレザーです。

製品使用:鞄、財布アウター、小物類
Conceria:CARLO BADALASSI

Beibe
  
Camel
  
Brown
 
Black